MADLAX 第9話 残香 -scent-

 戦乱の地・ガザッソニカから逃れた男。待ち望んでいた平和な土地は「嫌になるほど」平和すぎた。最期に彼は悟る。結局自分は戦乱の中でしか生きられない人間だったのだということを。
 というお話。ガザッソニカをキーワードにして、あちこちで静かに火種が。ルチアに懐くマーガレット、マーガレットといることによって穏やかな気分になれると告白するルチア、自分の会社がガザッソニカへの銃器の輸出に関わっていることをカロッスアの会話を盗み聞きして知ってしまうヴァネッサ。嫌が応にもまとわり付くガザッソニカの気配。
 今まではガザッソニカに転がり込んだ末に人生が狂っちゃった人たちが大勢出てきましたが、今回のルチアはガサッソニカから抜け出した人間。しかし、やはりガザッソニカの呪縛からは逃れられず、「ガザッソニカの匂いがする」マーガレットに惑わされて*1命を落としてしまう形に。人々の繋がりから「ガザッソニカ」という怪しげな舞台への興味を視聴者に持たせる下地作りは着々と進んでいます。
 まーそれと平行してというか、息抜きとしてエリノアさんの意外な一面を垣間見れたりして、ハァハァ。メイド服の下に水着を着込んで遊ぶ気満々なメイドさんハァハァ。ルチアに嫉妬してお嬢様ラブを見せ付けたり、ハァハァ。畜生、グッジョブだぜ!
 という感じで、スタッフの二重の罠に引っかかった哀れなアニオタな俺でした。おもしろかー。

*1:もちろんマーガレットにその気はない