忘却の旋律 第9話

 猿人編第1話。その町ではトレーラーが謎の族に頻繁に襲われており、そこにやってきたボッカを工場長がトレーラーのガードマンにとスカウトするが。
 武装演劇集団?帝国華撃団みたいなもんですか?モンスターでもないのに化物並みの運動能力を持つ彼らは何者?田村ゆかりが第3のメロスの戦士だとしたら、合体してアイバーマシーンになるとか。このアニメならやりかねない。
 メロスの戦士を「戦士だと格好をつけた負け犬」とぶった斬る老人、給料だの家族だの生々しい話題を振る工場長等、「現実」を押し付ける輩が出てきても、冒険少年ボッカくんは挫けません。がんばれ。やっちゃれ。
 ところで、ボッカくんの回想に遠音が出てきましたけど、あんなシーンありましたっけ?「もっと矢が褒めて欲しいって言ってる」とかなんとかの。そういやどこいったんでしょ、遠音さん。いつの間にか秋になってるし、小夜子と半月も別行動だったりと空白の期間に何があったのか知りたいところです。あとは田村ゆかりのどの辺で私のメロスが鳴り響くか、注目です。

  • 今回のエージェント名 ハッスルモンキー

 ナイス馬鹿。しかしミッドナイトひよこは偉大だったなあ。