鋼の錬金術師

 ラスト回。ホムンクルスは元の体の記憶を覚えているかもしれませんよ、と。賢者の石を作成できる人間を探すうちに、とある錬金術師にのめりこみそうになってそれを汚点だと思っている。でも人間になりたいんだったらそういう感情が芽生えたことは何らかの兆しだと思ってもいいんじゃないだろうか。それさえ解らないのがホムンクルスか。悲しいね。悲しいと言えば今回の村もそうだけど、こうやってあちこちに種撒いて潰して回ってんでしょうね。結果的に。それより、もう一回エド拉致監禁してウィンリィでも目の前にぶら下げてみた方が手っ取り早そうでありますが。お話的にはホムンクルスにも人間的な感情が芽生える可能性がある、という以外はいつかの悲劇再び、ていう見慣れたアレでした。せっかくチビ扱いされたのに「誰が豆粒ドチビだー」の一言もないなんて、エド先生。