マシュマロ通信 第11話

 いつもおもちゃで遊んでばっかりのパパ話。ある日、サンディは弁当を開けると、中身はうさぎりんごオンリーであった。しかもナッツに貰ったりんご。その日の夕食もりんご三昧。サンディはママに押し掛けます、パパが遊んでばかりいるからうちは貧乏になったんじゃないかと。いつも温厚なママがパパの悪口だけは許しません、と激怒。危機感を持たない家族に業を煮やし、クラウドにパパの監視を命じるサンディ。パパは会社でも遊んでばかりだった、と告げるクラウド。そんなはずはない、と会社に乗り込むサンディは同僚に事実を告げられます。パパさんが意見をしてくれるお陰でいいおもちゃが出来上がるんだ、と。サンディの好きな3兄弟の人形もパパの意見で出来たものでした。事実を知ってパパを見直すサンディ。が、うちに帰ったらおもちゃの山。給料が入ったので全部おもちゃに使い込んじゃったパパ。もうしょうがないわね、でも人形がかわいいから許しちゃう、とママ。大喜びの家族一同。サンディブチ切れ、「あんたら、大人になりなさーい!」
 毎月こんなだったらサンディさんはもう少し早く気付くべきでしたねー。気付いたところでこのゆるゆる家族は変わりそうもありませんが。あんまりにもゆるゆるな環境だったんで女王様みたいな長女になったのね、サンディさんは。でもゆるゆるなママでもパパの悪口だけは許さない。ママ、かっこいい。パパが会社で「パパさん」と呼ばれているのがおかしかったです。名前ないんか、あんた。