巌窟王 第4話

 アルベール君の、伯爵に対する屈託の無さは一体なんなのだろう。何故100パー信頼できてしまうのか。母や婚約者、一緒に旅をしてきた相棒でさえ疑ってしまう彼が何故。良いか悪いかは別として、それなりに歳食ったやつがここまで信頼できてしまう人間を突然持てるなんてことはそうそうないよ。と思う。彼が「旅」の中で何を見てきたのかが非常に気になる。つか、母ちゃんの過去とか、僕個人はあんまし興味なくて、母ちゃんの過去について心を痛める、「そういうこともあってもおかしくないんじゃないか」と受け入れられない純なアルベール君の姿にこそ惹かれるものがある。なんでそこまで、と踏み止まってしまい、アルベールの母ちゃんの事まで想ってやれないダメな視聴者です僕。アルベール君の火付け役としてのペッポちゃんは卑怯な立ち位置だなあ。安全な火遊び。うーん、おもしろい。