KURAU Phantom Memory 第20話

 クラウVS双子。双子は広い世界へ出てこれた喜びをリナクスへ伝えたいと言う。その開放感に比べたら人の命など取るに足らないものらしい。冷たい手の双子。熱い肌のクリスマス。人間の体との融合の度合いが違うとかそういうことなのかな。青臭い捉え方をするとクリスマスには生きる力が漲っているとか。双子暴走。街ひとつ分の人が一瞬で分解されてしまう。人気のない街にやってきたクラウ達は呆然とするばかり。え、交通封鎖とかしてないの?こんなん世界レベルの大事件じゃん。GPOが情報規制してる?ううん。しかし、アヤカなんか1話やそこらで月と地球を往復してきてるけど、何か、軽いな。距離的にも(アヤカの)気持ち的にも。週末ちょっと熱海まで、みたいな気楽さを感じてしまう。