ローゼンメイデン 第11話

 水銀灯楽しそうだなー。声の調子がいちいち面白い。正確の悪さがうまく出てる。ジュンの内面世界は二度目の登場ですが、前よりさらに枯れた雰囲気。あれ、回復気味だったはずなんだが。水銀灯が干渉したからなのかな。人に付けられた傷と同時に、過去の他人への暴言が後悔と言う傷となってジュンを苦しめる。この子は基本的に良い子なんだろうなあ。本当にダメなやつぁ、人を傷付けてもなんとも思わない。ジュンの最も近しい人・のりのビンタで正気を取り戻すジュン。「真紅は僕が守る!」あれ、そういう話だっけか。「生きることは戦い」だからか。……ってそのまますぎる。まあ何にせよ生きる気力を取り戻したんで良いことにする。提供バックの、黒板の「正」の字が徐々に増えてくの、ちょっと怖えーよ。