銀盤カレイドスコープ 第5話

 面白かった。ピートの設定が変更された点*1を「感覚」というところに昇華してタズサのジャンプを彼なりに評価するくだりとかうめーとか思いました。タズサがピートに対して気を使い始めたり、二人の関係も微妙に変わりつつあります。迷子のロシア人の女の子のくだりとか、原作にない箇所がかなり多い回でもありましたね。あ、それからリアこと能登が喋ってたことをメモしとく。たぶんはじめて。

*1:彼がアビリエイターだったとかあの辺り