きょうの特撮

 頭のリュウケンドーをピークに下降線を辿る日曜朝の特撮組。カブトは凝ったことをやっているのはわかるんだけど、手法的には響鬼以前の平成ライダーの延長線上にしかないので、何の新鮮味もないという。天道さんのアウトローっぷりはたっぷり描けたお陰か、これからやっと常識人ぽいところも織り交ぜていこうとしている段階に入っているので、彼に共感して物語に入り込めるようになるのはもうちょっとだけ先になりそう。