マリア様がみてる 仮面のアクトレス読了

 アクトレス、という副題から分かる通り、引き続き瞳子を巡るお話。瞳子の心理については触る程度で、まだ肝心なところは見せてくれない。仮面のアクトレスだからね。今回は瞳子よりも、彼女を取り巻く環境のほうに悶えるお話でした。まあつまり山百合会の。特に二年生組が面白い。志摩子さんは完全にリーダー格に出来上がっているし、由乃さんは立派にトラブルメイカーをやっていらっしゃる。祐巳はそんなふたりに振り回される、と。令ちゃん並にいじめられる祐巳さんが不憫です。今回は志摩子さんの極上な殺し文句が聴けるので、それを読むために買ってしまえと言いたくなります。あーこれ、のとまみ声で聴きたいなあ。祥子様・令・乃梨子辺りは完全にサブですが、かなりいい仕事をなさってますのでそちらも必見。
 という感じで、妹問題の外堀を埋めるお話で、まあなんともやきもきさせます。じわりじわりと瞳子包囲網が完成しつつあり、次巻が大変楽しみです。