彩雲国物語 第14話

 宮廷入りしたはいいものの、女性(と最年少)ということでいじめにあう秀麗と緑の子。必死に耐えるふたり。何か昼ドラっぽくなってきたけど、ひたむきなふたりが輝いていたのでそれほど悲惨さはない。でもまあ通るべき道とはいえ、ストレス溜まる展開ではある。そういやなんで街の人ら冷たかったんだ?