姫様ご用心 第11話

 どこかヌケつつも、シリアス展開。圧制を強いるナーナ政権に反旗をひるがえすぜ、という。これね。実にもったいないと思うのは、ここに至るまでに姫子とナーナの絡みが壊滅的に少ない事。例えば彼女らが、言葉は通じないけど心で繋がっている友達、的に描いていたら、ナーナの現状との狭間で揺れる姫子の葛藤みたいなものを見せる事が出来たろうに。そういうアニメでないことは分かってはいるけど。これでふたりは友達!みたいな結びでは何の感動も生まないよな。どうすんだろ。どうもしないのかな。