コードギアス 反逆のルルーシュ 第7話

 ルルーシュくん初の敗北のまき。自身の力に過信したルルーシュは相手の挑発に乗っかったあげく、たやすく窮地に追い込まれてしまう。コーネリアのしたたかさ、冷酷さ、引き際のよさ、そして軍事力。すべてルルーシュには足りないものだった。人に与えられた力だと批判しても力は力。敗北を知り、己に足りないものを悟った時、ルルーシュはどう変わるのか。またデスノートとの比較になってしまうけど、ノートを手に入れて一気に向こう側の人になってしまった月に比べると、スイッチの切り替えの鈍い子なのかもしれない、ルルーシュくんは。そこがまた親しみの沸く一因なのでしょう。
 今回はコーネリアさんが全て持っていってしまった印象。命令の一つ一つに感情が篭っておらず、粛々と儀式を執り行うような断言口調で事を進行していく。そのクールさにしびれるあこがれる。ナイトメアフレームで前線に出ることも出来るし、結構万能型だ。
 そんな殺伐とした戦闘シーンと平行して描かれる学園パートの裏腹なのんきぷりがこの作品の異質さを物語っているというか。テロ活動つても局地的なもので、ほんの数キロ先で行われている事でも彼らにとっては対岸の火事なのだろうな。スザクくんの猫に嫌われてるネタ引っ張ってんのが面白かった。引っ張ると言えばオレンジ卿もそうなんだけど。いやあ、面白いので存分にいじり倒していただきたいところ。