コードギアス 反逆のルルーシュ 第17話

 技術屋の人など、人材も揃ってきた黒の騎士団。そろそろ私生活の方もなんとかしないとと、ナナリーの騎士としてスザクを迎えようとするが、なんと!という。
 ひとつ感心したのは、ルルーシュくんが、いつかナナリーと決別しなければならないことを自覚していたという点。これは意外だった。この点を履き違えて、「新しい俺の国で一緒に暮らそう」みたいな考えでいたらやばいなあと思っていたけどそうじゃなかった。ナナリーを守る、ということは彼女の「日常」も守ることだという理解。そのためにはテロリストの兄はそばにいちゃいけないということまで理解しているなら、ルルーシュくんは思想はアレだが兄としては良く出来た人と言えるかもしれない。ただ、これまた高い理想だけど。
 んでサブタイトルの「騎士」。ユフィの騎士という意味かと思えば、ナナリーを支える騎士という意味まで含まれているとは、いやいややられました。これは18話のサブタイ「枢木スザクに命じる」もふたつ、もしくはそれ以上の意味が込められていると見るべきかな。