そのた新番アニメその3

 ニンジャ・タートルズ。濃いなー。カワバン……、わー!で噴出してしもた。言わせてやれ。1話の小悪が大悪にダイレクトに繋がってたり、亀たちの出自うんぬんで引っ張るわけでもなく。小難しい事が無くて良いね。これはだらっと見たい感じ。
 桃華月憚。わけわかんないです。しかし、わかんないのにひきつけられるものがあってそこがまたよくわからん。独特の美意識で貫かれてる作品って好きなのよね。半端はダメだ。
 この青空に約束を― 〜ようこそつぐみ寮へ〜。おお、これはいい意味で恥ずかしい。最後の主人公のタンカのところの勢いは清々しくてよいです。
 ながされて藍蘭島。やあっぱ、コメディアニメはこのくらい小気味よくないと面白くないよね。細田直人アニメという認識でいい?
 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ。薮野アニメ。き、キモカワイイ?ヘリの中で手前に走ってくるおこさんとかはすごい面白い動きなんですが、ここを代表に「ここまでする必要が?」というカットが多いような。いや、お話と切り離して考えれば、こういうお遊びは面白くていいんですが。うーん、動きの楽しさを追うか、ストーリーを真面目に追うか悩むところ。
 爆丸バトルブローラーズ。正しき子供アニメ。小林ゆう、いいですね。竜の声を聞いてゆきあつさんがよういに!とひとり盛り上がってしまいました事よ。いや、真っ当に楽しかったですよ。女の子かわいい。
 かみちゃまかりん。おお。お?お、おおお?という感じ。(わかるか)ごめん、時系列いじりなのか主人公が記憶を無くしてんのかがちょっとわかんなかったです。主人公の顔が変わっちゃうあたりが可笑しかったです。
 精霊の守り人。背景きれーい。これはよい食べ物アニメですね。うーんさすがの描きこみ。バルザ、いいキャラ。唇のぷるるん感がたまらんです。シーンによって幼くも見え、抑えるところではかっこよく、時折母性も感じる。これは作画力がないとこうはいかない。要注目ですね。
 ラブ★コン。原作は3巻まで読んでギブアップしてます。テンポがすごく良くて、ぐいぐい引っ張る力も感じるのですが、やはり肌に合わないみたい。
 地球へ…。原作未読です。成年の日の不安・違和感・不気味さがもう少し前に出ててもいいかなあ。
 大江戸ロケット。面白い!キャラがイキイキしてていいなあ。退屈なシーンていうものがなくて、でも緩急もしっかり付いていて。みんながんばれ!と応援したくなる前向きな力を感じました。期待していますぞ。
 シャイニング・ティアーズ×ウィンド。あれ、これ異世界ものだったの?エルウィンさんがいません(ちょっと出た?)カレーを頼んだらシチューが来ちゃったよという気分。
 sola。青春ものかと思ったら薔薇乙女が出てきて(違う)大いに戸惑いました。好みの雰囲気だったんだが。しかし気になるヒキではある。