魔法少女リリカルなのはStrikerS 第2話

 機動6課始動&スバルさんの巻き込まれた過去の事件のフェイト視点を起点としての起動6課設立秘話。
 機動6課が、攻性組織という点でちょっと公安9課に似てて、これは面白いなあと思いました。9課でいうところのトグサみたいな地道捜査型がおらず、ほぼ全員オフェンスという完全にごり押しタイプだけど、比較していくと面白そう。
 なのはさん・フェイト・はやてが将来を語らうシーンがナイスご馳走でありながらも、きっちり語るべくを語っていて、うまい。しかし「自分の課が欲しい」って、15やそこらの娘の夢じゃねえなあ。この三人はほんとに逞しくなられてまあ。*1そのうち、「最近の若いもんは」とか愚痴をこぼし始めそうなくらいだ。
 スバルとティアナの友情語りも微笑ましい。年相応な感じで大変よろしい。
 なのは世代とスバル世代にきっちりメンツが別れているので、このふたつの世代が同じ現場にプロとして立った時、どんな化学反応が起きるのか非常に楽しみです。

*1:元から逞しかったけど