早すぎる『最終回』!

 ハピ☆ラキ!ビックリマン。泣いた。未来に旅立つ仲間たちに涙を見せず、笑顔で送り出そうと堪えるゲンキにぼろ泣きしてしまいました。うう!一年間、彼らとともに旅をしてきたいち視聴者としては、ゲンキの姿に共感して、そしてつらい別れに涙しないわけがない!ううう。あれはたまらんです。総評。子供向けとして非常にストレートな、笑って泣かせる一大エンターテイメント作品でした。もうとにかく、彼らがもう他人じゃないんですよ。もうすごい近くにいた。だから、ウルフライがゲンキとジェロにエールを送るように、僕も彼らに自然とエールを送っていた。心から。最後まであきらめず、ハッピラキを胸に旅を続けてきた彼らは偉大であり、最高の友達でした。この作品を見続けて、本当に良かった。スタッフの皆様、笑いと感動をありがとう!名作!*1
 おおきく振りかぶって。最終回はのんびりカレーを食べて終わり。いや、何度も泣かされました。やはり一生懸命にがんばる少年の物語は良い……。きわめて真っ当なつくりで、正面切って青春を描ききった手腕に拍手です。個性的なキャラたちがわいわいきゃっきゃしてるさまもほほえましかったです。名作!
 天元突破グレンラガン。うーん。第4部はあまり気持ちよく乗れなかったなあ。3部が結構好きで、でもそのオチが結局気合で済まされちゃって、そこら辺りから気持ちが遠のいていました。いや、いいアニメだとは思うし、魅せる場面はいっぱいあったんだけど。単にノリについていけなくなっていただけです。おもろ
 瀬戸の花嫁。暑苦しい最終回でした。いい意味で。「これは燦ちゃんの分!」「これも燦ちゃんの分!」「これも燦ちゃんの分!」あつくるしー。永澄、確変だ。えーというわけで、実は漫画のほうは途中で脱落しているんですが、アニメのほうは、勢い任せだけではなく、すとんと落とすべきところで落としているのが好印象でした。中だるみもなく、楽しく見ることができました。おもろ
 ヒロイックエイジ。エイジ再臨のあたりで泣きそうになりました。あぶねー。ED曲の使いどころが見事でした。スケールのでかい話で、登場人物も多いにも関わらず、戦争の中でメインキャラが誰も死んでいない、しかもそれで矛盾を感じさせないつくりに脱帽です。ここまできれいな大団円になるとは思ってもいなかったです正直。おもろ+

*1:追記:ちょっと引っ掛かりがあって評価を変えました。すいません