「2012年アニメドラフト会議」 を振り返るひとり大感想会 前半戦

@karimikarimiさん主催の「2012年アニメドラフト会議」(http://d.hatena.ne.jp/karimikarimi/20130114)に参加しました。今回はそのひとり大感想会を行いたいと思います。
前から拝見していて、一度参加してみたいと思っていたものの尻込みしていたんですが、karimikarimiさんが直前まで参加者を募集していたので、思い切って飛び入り参加してきました。めっちゃ緊張したよー
企画概要は下記URLをご覧ください。
http://d.hatena.ne.jp/karimikarimi/20101223/1293119411
2012年の対象アニメ作品一覧と、ドラフトの結果は下記URLを。
http://d.hatena.ne.jp/karimikarimi/20130114/1358157323

こちらを元に、月曜から順繰りに振り返ってみたいと思います。


【月曜日】
・じゅじゅる的月曜日の見どころ
何と言っても週の頭です。ここで「この局は何を目指しているのか」をばっちりアピールするか、ほのめかすか、早くも心理戦が始まります。Ustの事前予想で「シンフォギア」「アイカツ」といった2012年のダークホースをどのタイミングで取るのかがポイント、などの声が飛びます。
それを受けた上での、各人のセレクトがこちら。

(敬称略)
すぱんく アイカツ!
フルフロ ヨルムンガンド
おはぎ てーきゅう
じゅじゅる さんかれあ
karimikarimi しろくまカフェ
テリー・ライス じょしらく
抹茶 神様はじめました

すぱんくさんの攻めの一手!
誰もが警戒した(はず)の豪速球を一手目に放って成功した事は何よりのアドバンテージ。
昨年の良作がずらりと並ぶ、なかなか壮観な一手目となりました。
そうあってなお、誰も被らない!2012年の充実度が如実に現れた感じです。
その中でも、フルフロさんのヨルムンガントには強い警戒心を覚えました。もしかすると以降被るかも?<そのときのじゅじゅるは>
待望の企画参加がかなったものの、飛び入りのため、準備不足は否めません。
なので細かい事までは詰められない、なら「とにかく自分が好きなアニメで埋めたい!」
……だけでは勝ち目が無いので、基本の「局としての統一」を重視しよう。過去のチャンピオンたちはここで皆の心を掴んでいた!
ということで、デッキ構築開始。
まず好きなアニメをメモ帳に羅列(20程になった)。そして、そのアニメの中で、一週間の流れをどうコントロールするのか。
月曜は心静かに進行し、週末で一週間の鬱憤を払うようなデッキを構築したい。
候補作の中で、それが可能になる7本とは?好きなアニメの中でそれが可能となる一手目は?と考えたときに閃いたのが「月曜さんかれあ」でした。
さんかれあ」は、死んだあとだからこそ生き生き出来る礼弥ちゃん、ていうキャラの特殊性が好きなんですよね。
そしてさんかれあの対として「アレ」を日曜に!
出来上がるは、そう、ゾンビ(死人)デッキ。
これで、全体の大まかな流れ、そして日曜の一手は決まりました。
あとはこのデッキがどこまで皆に伝わるか、そして他参加者さんとの差別化・カードの取り合いを勝ち抜くか。
ドキドキしてきた!


【火曜日】
・じゅじゅる的火曜日の見どころ
二日目です。月曜と重ねてみる事によって、勘のいい人には早くも「局の狙い」が見えてくるかもしれません。
投票者に対して、一貫した狙いがあることを早期にアピールできる事は大きなメリットですが、ドラフト会議参加者にとっては「狙いをさらす事でカット*1を容易にさせてしまう」というデメリットも抱える事になります。勇気の一手が必要となりますね。

すぱんく ジャイロゼッタ
フルフロ モンスーノ
おはぎ 戦国コレクション
じゅじゅる あらしのよるに 〜ひみつのともだち〜
karimikarimi 戦姫絶唱シンフォギア
テリー・ライス TARI TARI
抹茶 つり球

karimikarimiさんのラジオリスナーに強くアピールする、独特のラインナップ!
そつなくキッズアニメを揃えつつあるすぱんくさん。
なにより、karimikarimiさんの強烈に光り輝くシンフォギア!これが取れたのは大きい事でしょう。
デッキには投票者に強くアピールする「目玉アニメ」が必要なのかもなあ、というのが振り返ってみての反省点のひとつです。
その各人の目玉が、週のまだ二日目というところでこうして揃うというのも面白いですね。
しかもまだ誰も被ってないという。おそろしやー!<そのころのじゅじゅるは>
考えが甘かったー!何この本気ラインナップ。いや僕だって本気ですが!
いやでも、自分が好きなアニメが一堂に会していて妙に嬉しい気分に。
自分の二手目は、一手目と絡めて、ダークで死臭の漂う感じになってて良かったな、とこの時ガッツポーズしてたんですが、世間的に「あらしのよるに」ってそういう評価は受けてなかったのかもしれない、と終了後にぼんやりと考え込んでしまったり。
テレビアニメ版あらよろのラストって、絶望の中で、お互いの存在だけを希望のよりしろにして生きるっていう、ものすごく絶望的だけど、でももうそうするしかないなあって妙な納得感のあるラストで。ドラマ「高校教師」とか、アニメで言うと「恋風」のような、禁断のあれこれがキッズアニメとして描かれてるのが鮮烈だったから入れたかったんですよね。たぶん、このあとそう遠くないうちにこの人たち死んじゃうんだろうなあ、っていう死のにおいが強い。でもキッズアニメのていは壊さなかった。すごいと思いました。


【水曜日】
・じゅじゅる的水曜日の見どころ
「まだ水曜日かよ……」と、会社や学校に疲れを覚え始める人も多いでしょう。
そんな週の真ん中に何を見せたいのか。各局のカラーが強く出てくる曜日と言えるでしょう。

すぱんく ガールズ&パンツァー
フルフロ あの夏で待ってる
おはぎ 妖狐×僕SS
じゅじゅる 好きっていいなよ。
karimikarimi ブラック★ロックシューター
テリー・ライス 坂道のアポロン
抹茶 好きっていいなよ。

グッドスタッフで固めたテリー・ライスさんのラインナップ、魅力的ですねー。
karimikarimiさんの、シンフォギアのあとにブラック★ロックシューターを持ってくるという刺激物コンボにくらくらします!イイ!思春期の友情のすれ違いコンボともとれますね。

そしてここで、ついに被った!
ここでUstでは「『好きなよ。』被りとは!」とちょっと騒然。
この場合は「なんとか度判定メーカー」によって公正にどちらかが通るか選ぶ決まり。
そしてその結果。


好きっていいなよ。度判定
抹茶さんの好きっていいなよ。度は15.7%です。
じゅじゅるさんの好きっていいなよ。度は75.2%です。

やったー。
この一手で、期せずして僕は抹茶さんへのカットに成功した事に。<そのころのじゅじゅるは>
「好きなよ。」ってもう、異文化過ぎなんですよ、僕にとって。同じ言葉を使ってるはずなのにまったく意味分かんない。儚い色彩も相まって、死後の世界を見てるようでした。同じ人間なのに、違う世界。「この人、クチャラーですよ」とか文脈めちゃくちゃだし、大和君は顔以外ダメだし、モデルの子は仕事放り投げてポテチやけ食いするし(やさぐれてポテチですよ!?すっごくかわいい!)。でも、この人たちのそんなブレブレなところに愛おしさを感じていました。

二度目の選択権を得た抹茶さんのセレクトは「君と僕。
これがまたこのゲームシステムの面白いところで、二度目の選択権を得たのは抹茶さんだけなので、抹茶さんはこのターン、誰にも邪魔されずに好きな作品を選ぶ事が出来るんですよね。
そこで選んだ作品が「君と僕。」ぬう、手強い!


これで前半戦は終了。
流れとしては、月曜から水曜までで低温なアニメで揃えたつもりです。
ゾンビの冷たい肌触りを3日間かけて堪能してもらって、次からは熱い血潮が迸るホットな死人アニメへ!
ここから週末に向けてテンションを上げてく予定だったので、僕としては木曜が勝負の日となりました。
このデッキの裏テーマは「いろんなジャンルてんこ盛り」だったので、少女向けアニメやキッズ系を入れたわけですが、そのおかげで表テーマ(死人デッキ)が少々苦しくなった感は否めないですねー。
長くなったので「後半戦」へつづく。

*1:他参加者のデッキを予想し、自分のデッキに組み込む事で相手のデッキ破壊を試みる行為。過激なように見えるが、正当な行為です