「2013年アニメドラフト会議」 を振り返るひとり大感想会 後半戦

前半戦はこちら。
http://d.hatena.ne.jp/jujuru/20140121#p1

はい、今年のアニメドラフト会議、感想会の後編です。


今こうして振り返ってみると色々言えるんだけど、正直言って、今回はあまり対戦者の事に目が行きませんでした。もう前回より全然余裕なくて。
ちょっと独自路線過ぎてどっかに一人で行っちゃってた去年と違って、今年は視聴者に意識が向いた分、対戦者のカードの分析が追いつきません。参加人数も多いしねー。
でも、プレッシャーがあるものの、去年以上に楽しかったです。欲しいものを取られて「あー!」と悲鳴を上げたり(近所迷惑です)、「その手があったか!」と手を叩いてみたり(近所迷惑です)。

さて、週末の攻防を振り返ってみましょう。



金曜

フルフロ ジュエルペットハッピネス
すぱんく シンフォギアG
バルト AMNESIA
エーテライト 凪のあすから
ストレンジャー ジュエルペットハッピネス
テリーライス ジュエルペットハッピネス
クラッカ 恋愛ラボ
じゅじゅる 絶対防衛レヴィアタン
水音 うたプリ 2期


うひーハッピネス大人気!わかる!
エーテライト放送局、マジ好き!
あと、アイドルコンボを次々決める水音さんを誰か止めて!かっこよすぎる背中しか見えないぞ。
絶対防衛レヴィアタン」はさ。大好きな「まじぽか」再来みたいなとこあって。和みつつ見てました。いっそ麦茶になってレヴィアタンに飲まれたい。

さて、ご覧の通り、僕は大きく舵を取る選択をしました。西日本聖地アニメデッキはまだ継続可能ではあったんですが、無理を押し通すのではなく、レンジを広げてもっと多くの人に見てもらう方向へ。前半の賑やかさから週末に向けてゆるやかさ方面にシフトチェンジしつつ、前半の愉快さ・痛快さを引き継ぐ形にもっていきたい。


判定結果。

@FullHuRoさんのジュエルペットハッピネス度は31.8%です。
@SUMI_STRANGERさんのジュエルペットハッピネス度は54.7%です。
@terry_rice88さんのジュエルペットハッピネス度は44.5%です。

フルフロさんに厳しい風潮。
フルフロさんは「ちはやふる2」、テリーライスさんは「ドキドキ!プリキュア」をセレクト。
各局の流れが分散しつつあるものの、激しいカードの奪い合いが続きます。


土曜

フルフロ 閃乱カグラ
すぱんく GJ部
バルト 神さまのいない日曜日
エーテライト WHITE ALBUM2
ストレンジャー 私モテ
テリーライス 〈物語〉シリーズ セカンド
クラッカ 神さまのいない日曜日
じゅじゅる GJ部
水音 ファンタジスタドール


ここで「神様のいない日曜日」が被る!
な、なるほど。日曜は「いない」ので土曜日なのかあ。みんな色々考えるなあ。
そういえばUstから「金曜にきんモザこないのか」みたいな声が聞こえた気がする。
ストレンジャーさんが読めない!
テリーライスさんの、ここまでの大物ゲット感すごい。
エーテライトさんマジ素敵。人物ではなく、舞台景色が脳裏に浮かびます。

@SpANK888さんのGJ部度は10.8%です。
@jujuruさんのGJ部度は48.1%です。

@barthes1980さんの神さまのいない日曜日度は61.5%です。
@ku_rakaさんの神さまのいない日曜日度は104.8%です。すごいですね!


うわー勝てたー。ここで負けてたらわりと後が無かったです。最後の最後で手綱を掴んだ感。
GJ部はね。シチュエーションコメディ系アニメ好きの僕と波長がぴったりだったんですね。部長かわいいし。
Cパートが連続した一日の出来事だと気付いた時の感動ったら無かったなあ。
クラッカさんの100%越えでUstざわつく。あるんだ、100%越え。
すぱんくさんは「ぎんぎつね」、ばるとさんは「げんしけん二代目」。
どちらも「その手でくるか!」という、意外性と納得感を併せ持ったセレクト。まだまだ視野が狭いなあ自分。
ぎんぎつね」はもっと評価されて欲しい!


日曜

フルフロ ささみさん@がんばらない
すぱんく ぷちます!
バルト ハヤテのごとく! キューティーズ
エーテライト リトルバスターズ! 〜Refrain〜
ストレンジャー 犬とハサミは使いよう
テリーライス ジョジョ
クラッカ はじめの一歩Rising
じゅじゅる てさぐれ!部活もの
水音 サーバントサービス


エーテライトさん、完璧じゃなかろうか……。僕が投票側だったら一票投じてました。
すぱんくさんの一連のセレクト、にぎにぎしくて楽しい。
クラッカさんは日→月のループ構成のようにも見えますね。
てさぐれ!部活もの」はね。石舘監督の「いつものあれ」感と声優さんへの信頼と期待の混じったディレクションは本作でひとつの完成を迎えたと言ってもよさそう。なんでもないことをなんでもなくはない仲間たちと暮らす、その空間の大切さがコミカルさの中に感じるのよね。



嵐のような楽しく激しい時間も終わり。
運命の投票タイムです!……というところで、実はUst切れました(個人的な回線トラブル)。
切れる直前、「じゅじゅるさん……(聞き取れない)……0票……(ブツッ)」となったのでえらく動揺しました。
正直、自信無かったんですね。
余裕ないなりになんとか視聴者さんに届くような努力はしたつもりだけど不安は大きかったです。
だから、あの、UstをリロードしてるあいだにTLに流れる「じゅじゅるさんおめでとう」の嵐に若干パニクってました。
一位、ありがとうございます。
えー!まじでかー、ってなりました。本当にありがたいです。
0票は覚悟でやってるから、一位は想定外です。
なので、どなたがどのような理由で投票してくださったのかがわからないので(なんという不覚。投票してくださった方すいません)実は勝因がいまいち分かりません。
分からないなりに分析すると。
自分はこの企画に視聴者側・参加者側、両方を体験してきました。その体験談ですが、僕はアニメドラフト会議とは、その人が持つ(アニメに対する)世界観の提示の場だと捉えるようになりました。アニメをどのように見ているのか。また、それを披露してアニメをどう感じてもらいたいのか。すっごく個性が出る。だから、自分の「世界」を出し切る事が出来たのが勝因なのかな、なんて思います。
……というと固いのですが、プロレスして引っ掻き回すのもスッゲエ楽しそうに見えたので、もうなんでもありだとおもう!自分なんかは思い込みが激しく緊張しいなのでこんな感じですが、気軽に参加するのも楽しいと思いますよ。次回開催あるといいな、今から楽しみだな。


最後になりましたが、今回も楽しい場を提供してくださった@karimikarimiさん、パーソナリティの方々、参加者・視聴者のみなさまに感謝を。
良い年始になった。一年がんばらねば。