居酒屋たまきに花が咲く

みなさんこんばんわ。アニメブログ「じゅじゅるさん。」の、GWを「エクスメイデン」に捧げてるほう、じゅじゅるです。
今日は「エクスメイデン」の姉妹作?「居酒屋たまき」の魅力を抜き足差し足な感じでご紹介します。


D


いやもう8分ちょいの短いやつだから見たほうが早くね?って言い出すともうここの存在意義がゲシュタルト崩壊するので、やめます。

でもまあ見たほうが早いです。見よう。


居酒屋たまきは、まあつまりオトナ女子の居酒屋トークであり、ほんとにクダ巻いて酔っぱらうだけのショートコメディです。
カメラ固定で描かれる、非常に地味なシチュエーションコメディですが、何故か画面が華やいで感じるんですね。

何故だろう。

まつりちゃんが相手の話を聞く時にいちいち箸を置いたりとか*1とか、女将が横で話を聞いてる時も話には混じらないんだけど細かくリアクション取らせるとか、かなり手が込んでて非常に目に楽しいのです。

エクスメイデン公式ツイッターでもこの事は触れられています。







本当に油断ならない。

これは本編、居酒屋たまき、どちらにも用いられている制作方針ですが、より芝居の細かさが引き立っているのは居酒屋たまきのほうかな。

本編の赤丸純のような大きなリアクションを取るキャラもいない居酒屋たまきでは、キャラクターの佇まいにはより気を遣ってるんじゃないかな。

神は細部に宿ると言いますか。

まずは思う様に視聴して、二度見三度見ではキャラクターのお芝居を楽しんではいかがでしょうか。

画面に花が咲いていますよ。

またお酒が進みますね。

*1:こういう些細なところでキャラの性格描くの好き