エクスメイデンSS 鈍色の特訓

長官「みな、集まったな。日々の訓練ご苦労」
純「えへへ、それほどでも」
葵「ほんとにそれほど訓練してないので何とも言えないです……」
長官「ここまではまだ序の口。相撲で言えば前頭三枚目くらいだ」
葵「序の口じゃないんですか……。もう幕内なんですか……ちょろいな地球防衛……」
長官「そこでだ。諸君らには本日から本格的な特訓に入ってもらう」
みどり「そ、それってまさか」
長官「そう。エクスメイデンの操縦訓練だ」
葵「くっ、ついにこの時が来たか……。ゴクリ」
ジル「よーし、どかんどかん動かすぞ!」
長官「うむ、その意気だ。では、みなこれを」
サッ
純「ん?」
ジル「これって……。ゲーム機のコントローラー?」
みどり「一体なんです?」
ジル「全員違うやつだー。わたしのボタンふたつだけ?」
純「え、あたしのボタンなんかいっぱいなんだけど。なんかいっぱいなんだけど!」
葵「いや数の問題じゃねえよ!これで何をしろって言うんです!?」
長官「イメージトレーニングだー」
葵「ああ……。またそれ系か……ぐったり来るわ……」
長官「おいー。しっかりしろー。イメージトレーニング大事だぞー。本番で指くじいたらどうするー」
葵「え、ロボ操縦のリスクってそんくらいなんすか……?」
純「うわ、指つった!左上の押せない!」
葵「お前マジか……」
長官「ほれみろー。これで分かっただろう、諸君らの使命の重さが」
みどり「意外と軽いのは分かりました」
長官「よし、それではふたり一組になってくれ。片方がフェロウ役、もう片方が操縦者を演じ、模擬戦を行う」
葵「うっわローテク」
みどり「役?」
長官「頭の中で戦っている自分を想像するんだ。まあ組み手だ。頭を柔らかくなー」
ジル「みどりちゃん、わたしと組もう!」
みどり「ええんやでー」
葵「相変わらず馴染まないな、関西弁。じゃあ私は純とか……」
純「あたしフェロウやる!」
葵「といっても……。このリモコンで何をどうすれば……」
長官「キーの上で前進、Aボタンでパンチとかでいいだろう」
葵「『とか』って……。いやもう早く終わらせよう。来い、純!」
純「はいドーン!!」
ブンッ
葵「うわあ!?何すんだお前ー!?」
純「右ストレートですけど」
葵「フリでいいんだよフリで!今のマジパンチだろ!」
みどり「あのー、そもそもフェロウって腕とかあるんですか?」
長官「あったりなかったりだ」
葵「ええー……」
長官「想像で補えー」
葵「マジックワードだな、想像力……」
ジル「よおし、行くよみどりちゃん!エクスゥゥゥ、ビィィィィム!!」
みどり「きゃあーやーらーれーたー」
葵「あ、必殺技叫ぶ系なんだ?」
長官「昭和だからなー」
葵「もう突っ込みませんからね」


30分経過


みどり「はあっ、はあっ……」
葵「大丈夫かみどり」
みどり「これ、フェロウ役、しんどくないですか……?」
葵「ロボ側はビームとか出しとけばなんか迎撃できるみたいだからな……」
純「葵ちゃん、替わって……」
葵「やだよ、めんどい」
純「ちょっと司令ー、フェロウはビーム出せないんですか?不公平だ!格差社会!」
長官「そう。だから世の中から争いが消えないんだ。しかし、君たち選ばれた操縦者こそ、この不毛な争いに終止符を打つ最後の切り札なのだ!」
純「おお、なんかかっこいい!あたしがんばるよ!」
葵「うん、がんばれよ。フェロウ役をな」
純「あっ」


この世にフェロウはびこる限り、彼女たちの戦いは終わらない。ゆけ、エクスメイデン。想像力のつきるまで――。