居酒屋たまきSS ソルティドッグ

ガラガラ


長官「こんちゃー」
女将「あらゆっきー、いらっしゃーい」
長官「おひさー。よっこいしょーいちっと」
女将「ゆっきー、今日はご機嫌ねー?」
長官「いやあ、明日から連休なんだよ。ほら、この商売、GWとか休めないからな。もう明日は昼間から家飲みだな」
女将「大変なお仕事だものねえ。じゃ、今日は何から行っちゃう?ルービー?チンカチンカのルービー?」
長官「んーそうだなー。じゃあ、ソルティドッグ
女将「えっ!?」
長官「ソルティドッグ
女将「いやいや、ちょっとまって……」
長官「(調理場に向けて)ソルティドッグ一丁!」
店員A「ソルティドッグいっちょー!」
店員B「ソンソンッッッショー!」
長官「ファミコンか?」
女将「あ、あああ……(ガクガク)」
長官「何なん、さっきから。何なん」
女将「あのさ、ゆっきーさ……。なにかとごっちゃになってるの?」
長官「んん?」
女将「ほら、例えばね。エレベーターとエスカレーターって時々どっちがどっちか分からなくなるでしょ」
長官「んー、あるかも」
女将「どっちが昇るやつでどっちが降りるやつだったっけ?って」
長官「どっちも昇るしどっちも降りるなー」
女将「なるほろ」
長官「なるほろいうな」
女将「なるほろ・ザ・ワールド!!(ビシッ)」
長官「……うん。いいから」
女将「ここから本題ね」
長官「うん」
女将「アメリカンドッグとホットドッグ、どっちが食べたい?」
長官「うん?……まあ、ホットドッグかな」
女将「だしょー!」
長官「だしょーいうな」
女将「じゃあ、フレンチドッグと秋田犬は?」
長官「ええ!?いや、後者は無いかな……」
女将「前者も無いでしょ!?」
長官「いやー、たまに食べると美味しいぞー?」
女将「やだ……。こんなゆっきーみとうなかった……(距離を置く)」
長官「何なん。このざわつく感じ、何なん」
店員A「ソルティドッグおまちしゃーしたー」


スッ(グラスが差し出される)


長官「お、きたきた」
女将「ああー!!」
長官「うるっさ!」
女将「ああー……。ごめん、ゆっきー!ほんとごめん!」
長官「今度はなに……?」
女将「いやー、そうか、そっちかあ、盲点だったー!」
長官「盲点とは。……あ、いや、やっぱやめて」
女将「いやほら、私てっきりさ、塩焼きの」
長官「やめろ」
女将「塩焼き」
長官「やめて。ほんとやめて。今鳥肌立った。うっわー、ざわわってなった」
女将「あらー……。うん、いやな事は呑んで忘れよ!ね!」
長官「いやもう、自分で言うなよー。もうなにー、酔わないとやってられん!」


グビグビ、ッターン!


長官「チンカチンカのルービー!!」
女将「チンカチンカのルービー入りましたー!」
長官「あと焼き鳥!」
女将「塩焼き美味しいよー」
長官「た・れ・で!!」


そしてたまきの夜は更けていく。