今日も誰かが「なまえをよんで」いる 〜ガイストクラッシャー、そして「魔法少女リリカルなのは」〜

古来より夕陽をバックに拳をぶつけあえば友情が芽生えるという言い伝えがあるわけですが、今週の「ガイストクラッシャー」がまさにそういう話でした。
もちろん、ここに至るまでの描写が丁寧だったから生きる結末です。



ガイストクラッシャーというアニメは「ガイスト」という脅威から人類を守るヒーローたちの物語です。
このアニメは「ヒーローは何故ヒーローたり得るのか」「何故彼らは闘い続けるのか。彼らを支えるものとは何なのか」を何度も問い続けてきました。
どうしてその答えに至ったのか。なぜ悲しいすれ違いが起きてしまったのか。そこにじっくり時間をかけて描いてきたシリーズです。
シリーズ開始当初は突っ走る向きの強かったレッカが、その負けん気は健在ながらも、いくつもの出会いと戦いを繰り返していくうちに心根に粘り強さが芽生え、GCGを恨むイズナにはただ突っかかっていくというのではなく、辛抱強く話し合い向き合い続ける様には本当に感動しました。


イズナにとって当初、レッカは敵ですらありません。ガイストクラッシャーに至らぬ未熟者で、目も向けない。
説得の言葉もまるで受け入れない。
今回描かれる共同作戦で、イズナはレッカの名乗りを拒否します。
しかし、レッカは徐々にイズナの視界に入っていき、彼の言葉がうわごとではないと知り、最後はその力を認めます。



「お前、名前は」
「白金レッカ。よろしくな」


名前とは、はじまりの言葉です。
名前を知らなければ、あなたとわたしは知らない人のまま。
お互いの名前を交わした時、ふたりの関係は始まり、物語のプロローグとなります。
好きも嫌いも、愛も憎しみも、はじまりはそこからです。



なまえをよんでとは
なまえをよんでとは、アニメ「魔法少女リリカルなのは」最終話のサブタイトル、及び同エピソードで使われたBGMのことである。


(中略)


どうやったら友達になれるのかと問うフェイトに対して、なのはは「名前を呼べばいいんだよ」と答える。「なのは…」「フェイトちゃん…」いつしか二人は涙を流しながら、固く抱きしめ合っていた。二人の出会いの物語は、まさにこの時から大きく動き始めたのである。
http://dic.nicovideo.jp/a/なまえをよんで


名作アニメ「魔法少女リリカルなのは」第一シリーズの、最終回にして、以降の「なのはサーガ」のプロローグとなるこのシーン。
戦いあい、傷つけあい、その中で答えを見つけていく。
まあつまり、ずっとそういうことに、僕の心は動かされ続けているんだなあ、と深く感じ入る夕べでありました。



ちなみに、名前呼び繋がりで。
今日の「ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 」では、主人公・アキラ君がアイアンマンをみっつの呼び名で呼びかけていたのが印象的でした。
ヘルメットを装着しバイザーをおろす前は「スタークさん」。
バイザーをおろし飛び立った後は「アイアンマン」。つまりヒーロー名。*1
ここまではまだ壁がある。
そして、ひとり危険な巨大竜巻に立ち向かう彼に放った魂の一言が「トニー!」
これはたぎりましたね。
名付けて、「なまえをよんで三段活用」!

*1:ヒーローになった時にヒーロー名で呼び出すところにプリキュアイズムを感じたり。通常時は「なぎさ」「ほのか」、プリキュアの時は「ブラック」「ホワイト」呼びで徹底、みたいな