あさっての方向。 第1話

 おお。これは好きかも。子ども扱いされるのが嫌いな小学生の女の子、からだと、全てをゼロに戻してやり直したくて地方にやってきた女性、椒子。彼女らの願いがかなってしまったとき、物語が始まります。というところまでが今回のお話。
 椒子が見た目に反して大変大人気ないひとで、特に、からだがお兄ちゃんにもらったリボン似合ってるかと椒子に聞いた時の「似合ってるよ、子供っぽくて」ていう反応にはあきれ返りましたよ。……う、うわあ、小学生に嫉妬かよ!ちっちええ!と憤慨していたんだけど、よくよく話を聞いていたら、4年前にそのお兄ちゃんにすぐ帰ってくるといわれてそのまま放置されたというなんともいたたな過去があったのだと。それはー、ちょっと八つ当たりもしたくなるかなあ。そんなささくれだった大人が、願い通り子供に戻れた事で何が変わってくるんだろう?興味が湧くじゃあないですか。
 ふたりがジレンマに苦しむ姿は痛々しいのだけど、朴訥な田舎の空気の中で、ふれあいの中でお互いのあり方を考える、みたいな流れになってくると嬉しいかな。あんまり深刻にならず、ほのぼのとやってほしい。これ、実写ドラマでもやれそうですね。
 しっかし、からださんはよく出来た娘だ……。ナリはちっちゃいけど。視聴継続ー。
 どうでもいいけど、009-1→あさっての方向。の一時間はスーパー渡辺明乃タイムなんだね。今期も仕事多そう。