日曜朝特撮

 リュウケンドー。OP・ED変更。OP、癖のある歌い方だなあと思ったら大槻ケンヂでした。大槻ケンヂだけど、歌詞は真っ当な特撮ソングで安心パパ。さて本編。迷い事があるとトンネルに飛ばされてしまうという妙にひねくれた方法でマイナスエネルギーを吸い出そうとするジャマンガ。剣二はアホの子なので効かなかった!昼飯くらいでしか悩めないのか。幸せな奴。悩みが多そうな不動のおっさんが解決に挑む!かと思えばアホが一周回って都合よく罠にはまる剣二くん。銃王召還もゲキリュウケンの機転によって何とか成功。ゲキリュウケンの周到さと剣二のアホさのおかげで事件解決!そして剣二は株を落とす。うはは。やっぱりリュウケンドーはこうでないとね。白波編の真面目さは僕には苦痛でした。そういやあ、清水圭いなかったな今回。
 ボウケンジャー。何か毛色が違うと思ったら脚本の人がいつもと違うせいか?ちょっとまろやかお子様風味。今回の敵さん、ノリがよいよ。金魚に変えられ不服をこぼすチーフがおもろい。何だったら納得したんだろう。結局力技で事件解決、まあこういうのもありか。
 仮面ライダーカブト。加賀美パパに妹を引き合いに出されて激昂する天道。また彼の新しい一面を見ました。身内に危険が及ぶ事を誰より嫌うようだ。ひよりにも永遠に守る、なんて告白チックなことを。正義のヒーローだなあ。そういやあ7年前の少年が自分だとあっさり告白しましたね。ここまで引っ張ったのは、なるべく言いたくない事情があったからのようだけど。加賀美は本部の場所を突き止めたかと思えば逆にしてやられて正面突破、のところを田所さんに止められ、しょぼん。鉄拳かっこよか、田所さん。岬さんと3人でやっていく事を誓うのであった。という流れも非常に清々しくてよか。神代は岬さんに化けたワームと和解?とみせかけて一刺し。ワームは絶対に許さない、彼のスタンスが貫かれていました。
 天道、加賀美、神代の三大ヒーローのお話が平行して描かれ、どれも無駄に干渉せず、それでいてスマートにかっこよく収まっていました。いいですね。