仮面ライダー電王 第2話

 うわあ、でかく出た。いろいろと。
 デンライナーにえらい武装が積んであって、それをバイクにまたがって操縦して、巨大化した敵のとどめを刺しちゃう。こんな大掛かりなん、そうそう使えないでしょう、時間とお金がかかってさ。後半忘れられそうな予感。そういえば555も、2話目くらいはすげえ無茶なことしてたなあ。象オルフェノクだものなあ。カブトも最初の頃は雨にスローモーションかけたりとか大変なことしてた。ハッタリで押し倒す時期なのだろうか。
 ダイナミックな戦闘シーンと反比例するように、敵の目的・行動は結構フクザツ。後半、設定に振り回されなければ良いけど。
 見てるうちはたいへん楽しい。楽しいんだけど、後々のことを考えるとこの「最初からクライマックス」攻勢を素直に受け止められない難儀ないち視聴者でした。
 あと、モモタロスさんもえ。