姫様ご用心 第12話 最終回

 終わりました。でも何も終わってないと言うか。一体何が解決したの?という。結局あの王冠が何なのかは明かされなかったし、ていうかナーナって何者?というのも説明なかったし、あんな世界を作り変えてしまうような王冠が何で博物館に飾ってあったのかとかもうね、言いたい事はいっぱいあるんですが、もういいや。説明しなきゃいけない事、ひとっつも説明してないもんなこのアニメ。今更世界の謎になど疑問を持っても仕方ない。あの空気を楽しめたかどうか、それだけです。まああのー。個人的に楽しめたかどうかは微妙でね。ナーナを観察する事に楽しみを見出した後半以降はそれなりに楽しかったけど、あの子準ヒロインにしちゃ出番少なめでさ。もえるの難しかったんだよ。もうボケ倒しの連続でさ、難儀なアニメでした。とにかくさ、姫子がまったく魅力がない(僕的にはね)のはなんとかしてほしかったよ。うーん、終了番組調査的に言えばギリギリおもろかふつう+てとこかな?ナーナ回は名作級におもしろかったよ。ナーナかわいか!