コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話

 ゼロの正体にあと少しのところまで迫っていたヴィレッタがシャーリーを使って本人の特定に。気持ちは分かるが、一般人を戦場に追いやるてのはどうかなヴィレッタさん。シャーリーへの自責に悩み、一度は立ち直るルル。日本解放戦線の船を囮に、本丸への突進を始めるルル。そこにはまた白の騎士が立ち塞がっていた。
 とにかく、今回のスザクは「気持ち悪い」、のひとこと。シャーリーの父の葬式つう場所で、黒の騎士団への糾弾なんぞするもんじゃない。相変わらず空気読めてないなあ。
 そんなルルとスザクが罵りあいつつ、やっぱりいつものようにスザクの勝ち。仮面を外したゼロの素顔を見たシャーリーの胸中はいかに。
 戦況がどうだのより、ルルーシュ個人の葛藤を中心に描いている感じ。その分、絵空事しか語らないスザクがどんどん嫌なやつに。シャーリーは好きなキャラだったから幸せになって欲しかったんだが……。14話の感想はまたあとで。ちょっと、僕みたいなチキンにはつらい話でした……。