休憩回からアニメを見てみよう 〜そしてアイカツ!とバトルスピリッツ 覇王を見よう〜

アイカツ!」第24話「エンジョイ♪オフタイム」見ました。いい休憩回でした。

年をまたぐような長期アニメを視聴していて、「ああ、僕、今満たされてるなー」と強く感じるのが休憩回なんですね。
激しい戦いのつかのまの休息、大一番を前にしてのクールダウン。それが休憩回。
そういった時にキャラがかいま見せる意外な一面が僕の心をぎゅんぎゅんトリコにします。
今回のアイカツがまさにそれ。

春が訪れ、オフを満喫する為、いちご・あおい・蘭が小旅行に出掛けるわけですが、いちごとあおいがわりと普段と変わらない様子なのに、蘭ちゃんが乙女な一面を見せてて、もう、これがかわいいこと。

蘭ちゃんと言えば、みんなを引っ張るお姉ちゃんキャラで、芸歴も長いベテランアイドルです。いちごやあおいに気を許してからも三人の中の長女ポジションを守り続けた蘭ちゃんが、サンドイッチの付け合わせのパセリを食べられちゃって涙ぐむんですよ!

パセリは好きなんだ……


うおおおおお!

「まずオムライス食べな」とか言いながら、心のうちでは(付け合わせにパセリの付いてないオムライスなんて……)とか、みんなでお昼食べながらパセリに手をつけない子をチラッチラ見て(食べないなら譲ってくれないかな……)とか考えてたんじゃないかと妄想すると、オムライスもっとおいしいじゃないですか!後半のタルト争奪戦も蘭ちゃんマジ乙女。
いちごもあおいもいつも以上にはしゃぎまくりで、見ているこちらは和みまくりです。

一方で、あおいの機転で蘭ちゃんの機嫌を取ってあげたり、逆にあおいのミスを蘭ちゃんといちごがフォローしたり、三人が今までどうやって過ごしてきたかが改めて見えてくるんですね。意外な一面が見て取れるだけでなく、これまでのエピソードの積み上げが見て取れるのも休憩回の醍醐味です。

何かひとつの事に打ち込んできた人たちの素顔をかいま見る事で、過去のエピソードがより膨らんで見えて来る。「アイカツ!」は次のエピソードから時間枠が移動するので、このタイミングで最初から見直す、というのも一興ではないでしょうか。
http://www.aikatsu.net/haishin/index.html
というか、公式側は見直してほしい気満々です!新規の方もどうぞ!


もうひとつ、おすすめ休憩回のあるアニメを挙げます。

カードバトルアニメ「バトルスピリッツ 覇王」の第19話、大会前日というタイミングでバトルの無い回が挿入されます。

主人公ハジメとそのライバル・テガマルが、普段は子どもで溢れているけど雨の為に誰もいない(店員のお姉さんとかはいる)カードショップで、顔を突き合わせてお互いの夢を語り合うんですね。バトルも無く、また、登場人物も極端に少ない、ほぼふたり芝居の一話。
このなかでお互いの抱えていたもの、特に寡黙でクールなテガマルの、子どもの身には余るようなでかい夢が、静かに熱を帯びた声音で語られるわけです。「自分と並び立つ実力の無い者に余計な口を開かない」が信条であったテガマルが、ハジメにその心のうちを明かすのが大会前日、というシチュエーション、ね。

アイカツ!もそうでしたが、こちらも色々想像するとまた楽しいんですね。明日は決戦だからその前に明かしておきたかったのか、ハジメは明るくて隠し事の出来ない子だからそのペースに巻き込まれてつい、なのかもしれないし。彼らの周りには人が絶えない*1ので、こんな機会はそうそうないしね。

このエピソードで語られる「テガマルの夢」はしばらく潜伏し、シリーズクライマックスで浮上してくるわけで、バトルを削ってでもじっくりやらなければいけなかった、という側面もあり、休憩回だからといって油断は出来ません。


休憩回とは、登場人物の素顔をかいま見れる機会でもあるけど、それは今までのエピソードの積み上げが裏打ちとして存在しているからこそ光るもの。
そして、彼、彼女らの普段は見せない姿を見て、僕らもまた、応援する気持ちを新たにする。
一時の休息を経て、また戦うその後ろ姿を、僕らはいつまでも見守っています。

*1:それだけこのふたりが魅力的な人物だという事。偶然の雨が無ければ彼らのこの会話は無かった、ていう演出も心憎いね!