BanG Dream! 4th☆LIVE 日本武道館ライブビューイングレポ

バンドリ日本武道館公演のライブビューイングを見てきました。

LVははじめての経験で色々戸惑ったんですが、周りの人達にも恵まれてにぎにぎしく観劇できました。カメラワークがとても秀逸で、ポピパのみんなのパフォーマンスをたっぷり堪能しました。

セトリなどレポートはこちらが詳しいです。

www.edgeline-tokyo.com

 

  • 自分応援歌からみんな応援歌へ

ポピパの楽曲は「ときめきエクスペリエンス!」「前へススメ!」に代表されるような、自分を奮い立たせる「自分応援歌」の色合いが強い印象です。慣れないバンド演奏という困難に立ち向かう彼女たちのために、彼女たちの映し鏡として曲が作られてきたように思います。その集大成の意味合いの強い武道館ライブで「自分応援歌」が「みんな応援歌」に昇華されるさまを私たちは目撃しました。どんなに雨風が強かろうが武道館ライブにまで辿り着いた彼女たちが見せつけた力強いパフォーマンスは前に進み続けた成果そのもので、見る者に勇気を与えました。新曲「Time Lapes」で見せた愛美さんの天に掲げる拳は彼女が積み重ねた努力のあらわれのようで、大変心強いものでした。

大塚紗英さんのギターは堂に入ったもので、西本りみさんのベースはバンドを支え、大橋彩香さんのドラムはダイナミックで、伊藤彩沙さんのキーボードはサウンドに彩りを与えていました。確かなものになりつつある彼女達のパフォーマンスが見る者を魅了していました。

ステージ演出も見応えがあり、アニメOP「ときめきエクスペリエンス!」を再現した360°回転するステージ、「Time Lapes」の大人のロックな雰囲気に合わせたスモーク、ステージを覆う落下式モニターなど、大変迫力がありました。アコースティックコーナーでのしっとりした雰囲気作り、VTRからの「光るなら」演奏へのスムーズ進行etc……。

そんな豪華演出に負けない、ポピパのパフォーマンス。演奏もさることながら、チョココロネジャンプやぴょんぴょん飛び跳ねるあやさのかわいいことかわいいこと。耳にも目にも嬉しい。

 

  • ずっと見ていたいさえチ

中でもストリートライブの経験があるさえチの華のある演奏は大変美しく、どの瞬間を切り取っても画になる人なんだなあ、と。ギターを構える角度からしてキマっている。そんな彼女が演奏以外でみせるおとぼけもまさに「おたえ」でした。

アニメ再現コーナーの蔵イブパートでギターを置き忘れて舞台に顔を出すさまなどまさにおたえ。

f:id:jujuru:20170823212000j:plain

 

「忘れちゃった」じゃねー!(有咲風に)なんでそんな落ち着いてるの……。

演奏以外だととたんにゆるくなるさえチ、最高です。

f:id:jujuru:20170823212213j:plain

 一体さえチは何を見たんだ……。最後の記念撮影中、みんなが「ぶどうのポーズ(武道館の屋根のアレ)」をしている中で謎のファイティングポーズを取っているのもなんか愉快でした。ピックを投げたり投げキッスするさまなど、一挙手一投足がとにかくかっこ良かったり、なんとも奥深い方です。CMで宣言してた歯ギターもやってたよ!!

 

  • あやさの思い入れの強さ

締めの挨拶の時、あいみんが大変自分を卑下して「リーダーらしいこと何も出来なくて」と告白すると、

f:id:jujuru:20170823213624j:plain

 感情が爆発し号泣するあやさ。あいみんのこと、ずっと見ていたんだね。

あやさのポピパに対する思い入れの強さは随所に現れていて、アニメの香澄並に抱きついたり、感情を素直に出す方なんだな、という印象を強く持ちました。

 

  • あいみんの強さと弱さ

ライブ中、ボーカリストとしてリーダーとして立派にバンドを率いたあいみんでしたが、そんな彼女の弱さが最後の挨拶で露呈します。ライブ中一切見せなかった弱気な彼女が顔を出します。初期の香澄はアニメやガルパでみせる奔放なイメージとは程遠く、とても自信なさげな所体で、あいみんはその頃の香澄に親近感を覚えていたそうです。今の香澄は自由人に見えるけど、アニメで見せたように弱気に捕われる一面も残っている。キャラが声優に寄ったのか、声優にキャラが寄ったのか。その境目が分からなくなる位、彼女は香澄なんだな、と実感した一幕でありました。

 

  • キュートりみりん

告知コーナーで二度も「ガルパーティ!in大阪」を「東京」と言い間違えてしまい「大阪を捨てた!」といじられるりみりんかわいい。演奏中は仕事人っぽく着実に音を刻む彼女も、喋り出すととてもキュートな方でした。

 

  • みんなのお姉さん、はっしー

最後の挨拶でりみりんが泣き出す最中、そっとはけてタオルを持ってきてくれるはっしー。劇中通りのお姉さんポジで、とても頼りになる存在でした。演奏中もそうでない時もいつもみんなを見守るドラマーな彼女ですが、360°回る舞台に腰掛けた時の足の放り投げ方など、自然体の姿も魅力的でした。

 

 時間いっぱい、大変楽しい時間をもらいました。

VTR以外ゲストもおらず、ポピパのメンバーだけで武道館をやりきった彼女たちに拍手を送りたいです。ポピパはこれからも前へ進んでいくでしょう。その姿をまた目撃するために僕もがんばろう。本当にありがとうございました。