Get Ride! アムドライバー 第19話

 ガンザルディに会うのはジェナスとセラだけでいいとシーン。疑問を持ったのは彼らだから。他のアムドライバーは陽動と。シーンが切れ者っぽく見えてきました。まやかしだこれは。ガンザルディの話を信用できないジェナとセラ、そこへニルギースとシャシャが現れる。彼らは正義だと。尚更信用できないわな。でも状況は解答を導こうとする間にも変化するわけで、ジャスアミの追撃にやむ得ず共闘するハメに。シャシャとニルギースがジャスアミを殺してしまう。「殺すことなかった」とジェナ。君が谷底に落としたダビット君は生きてると思うかね?思うのか。「ランスでガツーン!」ああ、ダークさんにタフト病が。「うらみはらさでおくべきかァ、エーこらァァァ」ディグラーズ先生は相変わらずぶっ飛んでるな。シャシャとニルギースが暫定的に仲間に、ガンザルディはまたもや行方をくらます。というわけで、新たなるアムドラ語を生みつつも、状況は混沌としてきたわけで。「何のために、何と戦うのか」をテーマにてえのが今のムーブメントなのかな。ピープルを守るためと誓ったものの、守るために何と戦えばいいのかが判然としない。状況に流されてはいかん、腰を据えてお考えなさい。ここできちんと選択できるかどうかで作品の評価は大きく分かれます。このまま流されたら単なるおつかいイベントだて。がんばれ。んで、OPとEDが変わりました。OPは思わず財布の紐を緩めてしまいそう(俺は買わんが)になる販促タイムになっておりました。こうでなきゃね。歌はジェナスの中の人がんばったね、という。EDもEDらしく気合の入った静止画。OPEDともに、これが本来のあるべき姿なのかな、って感じに。外も中身も充実してまいりました。いいよー。