カードキャプターさくら 第34話

 雪兎さんと遊園地へクリスマスデートはにゃん。クリスマスに予定入ってないんだね、高校生二人。雪兎さん、雰囲気出してんじゃねーですよ。苺鈴さんがシリーズ始まって以来良いことを言ってて驚愕。しかし直後にボケる事も忘れない苺鈴さん。属性もノーマルだし、このアニメの良心だ。さくらさんと仲良し雰囲気になってるのがいいですね。そんなそれぞれの関係の変化に怖気ずいつものポジションを守り続ける知世さんもすげえ。高位精霊同時召喚、割と淡々と。男の子ものだったらここんとこもっと強調するんだろうな。NARUTOだったら1分くらいの解説は入れたろう。「四大精霊のうちの二つを同時召喚だと!?無茶だ!」「無茶やない。チャクラの膨大さもさることながら、そのコントロールさえも可能になった現在のさくらだからこそ出来る離れ業や。小僧には到底真似できんやろな」「た、確かに。悔しいが、タイムの召喚だけでチャクラが底尽きてしまう今の俺には不可能な芸当だ。しかし……」「そうや、ヘタすれば二大精霊に魂をもっていかれる危険性もあるっちゅうわけや。しかしその心配は、さくらにおいてはいらん心配っちゅうもんや。さくらにあって小僧にはないものが同時召喚を支えとるからな。わかるか?」「なんだと?」「それはな……、カードの守護神たるケルベロス、わいがおることや!」……とか。でもまあ、もうちょい派手な演出があっても*1良かったかなあとか。そこがCCさくらの強みと弱みなのかな。とか。

*1:それでもいつもに比べれば派手だったけど