ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 第5話

 ミリィの涙にもらい泣くところだった!あぶねー。少女の悲痛な叫び。起きたらひとりで不安になって。ああもう、こういうのに弱いのよ。その前の、ほのちゃんの身の上話、吹っ飛んじゃったじゃないか。ほのちゃんの能力のネタばらし。物質をえーとなに?とにかく気の能力を持ってんだと。それで気を乗せ易い剣を使っているんだと。あーちゃんと意味があったんだね。気のひらめきだと捉えれば、1話の青い残影もそういう演出だったんだと分かるね。ちゃんとしてるじゃんこのアニメ。もっとでたらめにやってんだと思った。失礼しました。
 これでひそかにデモベ→ザ・サードでスーパー子安武人タイムが完成したのであった。