エウレカ

交響詩篇エウレカセブン雑感・レントンの父親探し

やー終わりましたねエウレカセブン。紆余曲折あって結局このアニメは何をやりたかったんだろうと考えると、レントンの「父親探し」がメインテーマだったのかなあ、て思ったり。 アドロック・サーストンという歴史の教科書に載るような偉大な父は、しかしレン…

交響詩篇エウレカセブン 第37話

僧侶と科学者の対談と言うのは面白い。使う言葉は違っててもちゃんと会話は成り立っているのね。いまいちよくわかんなかったけど。

交響詩篇エウレカセブン 第36話

怒るギジェットかわいか。乙女の恋心を馬鹿にしてはあかんという話でした。誤解もあれど着実に進展していくエウレカとレントンの仲とは対照的に、アネモネに足蹴にされるドミニク君が哀れでした。

交響詩篇エウレカセブン 第35話

あ、OP一部変更か。アネモネのアップと*1最後の一枚目が変わったのかな、あとはよくわかんない。 で、本編。ホランドが憑き物が落ちたように爽やかさんになってたおかげか、なんだかヒーローものみたいなお話。特に、ホランドの後ろにLFOとゲッコー号が映…

交響詩篇エウレカセブン 第34話

ホランドの昔話を通じて、なお結束を硬くする話。がんばれドギー兄さん。

交響詩篇エウレカセブン 第33話

ホランドがやっと「みんなが尊敬する」大人になった。これがもう少し早ければと思う一方、2クール分のやさぐれがなかったらここでの感動はありえなかった、とも思うわけで。写真のレントンとエウレカ、いい顔してた。ほんと、久々に。あー愚痴になっちゃう…

交響詩篇エウレカセブン 第32話

アクセルじっちゃんがシブすぎでした。

交響詩篇エウレカセブン 第31話

久しぶりに軽いノリが帰ってきた。が、それもつかの間、後半は大変なことに。よくわからなかったけど、人類は他の星から移住してきたの?コーラリアンを先住民云々と言っていたような。で、そのコーラリアンに攻撃を加えちゃって、コーラリアンのお友達がぶ…

交響詩篇エウレカセブン 第30話

タルホさんが萌えなくなっちゃう話。あの無理してるギリギリ感が逆にもえたのになあ。じゃなくて、ニルヴァーシュをいちから再構築していくって作業の中で、変わっていくことの大切さみたいなんにタルホとエウレカが目覚めると。タルホさんとエウレカのサシ…

交響詩篇エウレカセブン 第29話

一気に明かされる設定のあれこれ。アドロックサーストンが生命体コーラリアン保持のため政府にたてついたとか、コーラリアンの人型がエウレカだとか。そういうことはもっと早く言ってやれって気もしないでもない。まこれでレントン君の決意の程を計ると。こ…

交響詩篇エウレカセブン 第28話

レイ特攻。ビームで向きを変えて白鳥号をスレスレでかわすのかっこよか。 レイは、子供が出来ない体になってしまった原因のエウレカに憎悪を向けていて、そのエウレカに好意を持つ、一時期は息子にすらしたがっていたレントンに対してはさらに複雑な感情が渦…

交響詩篇エウレカセブン 第27話

OPED変更。今回も恒例のサーカスがあったけど、今までのと毛色が違うなあ。夜明け前、空戦のさなか、レントンとエウレカが邂逅する、といったストーリー仕立てになってるのがいい感じ。服のしわとかすげえ。 で、本編。ゲッコー号内部に侵入したビームス夫妻…

交響詩篇エウレカセブン 第26話

それは1クール丸々使った壮大な計画でありました。レントンをどん底まで追い詰め、視聴するのがつらいとさえ感じた時期もありました。そしてじわじわと上昇気流に乗り、それらを乗り越えての今回のお話。なにやら熱いものがこみ上げてきますね。よう耐えた…

交響詩篇エウレカセブン 第25話

人との、自然との関わりについて。ビームス夫妻の元を去り、倒れた先で出会う青年との対話で、エウレカへの思いがさらに募っていく。パイルバンカーがどうだの、言ってることはいまいちわからんのですが、絶望的な生活でありながらも、それを前向きに捉え生…

交響詩篇エウレカセブン 第24話

ビームス夫妻との別れ。しんみりしちゃったよ。奥さんが強がった後泣いちゃうとことかな。レントンの気分も少しは上向きになったかな。逆に、レントンのジャージ着ちゃうエウレカが痛々しいけど。とにかく、話は動きつつある。じんわり来るなあ。

交響詩篇エウレカセブン 第23話

レントンと死の現場。目に見える死が目前に迫ったとき、少年はどう行動するのか。どうすべきだったのか。なかなか難しい話に踏み込むんですね。あっそうと達観を決め込むには若すぎて、俺が何とかしてやる、というのは幼すぎて。ううん、家出してからこっち…

交響詩篇エウレカセブン 第22話

レントン家出の続き。流れ着いた先で出会ったおっさんとお姉さんに癒されるレントン。青空が映える戦闘シーンが実に爽快で、BGMも相まって気持ちの良い気分に。これだ、これが見たかったんです。久方ぶりにうまいごはんを口に出来た喜びに満ちたレントン…

交響詩篇エウレカセブン 第21話

閉鎖空間で酒もタバコもやらないとなると食い物に走るしかないんだろうな。レントンかわいそう。

交響詩篇エウレカセブン 第20話

体を張ってお互いの言い分を戦わせる。もはやいじめにしか見えないホランドのレントン叩きだけど、どれだけ今のホランドが必死かが伝わってくる。お金お金と口にはしているけど、そうじゃないんだろうなっていうのは読み取れる。タルホの本気ビンタを食らっ…

交響詩篇エウレカセブン 第19話

つらい……。キャラをキャッチーにとか、魅力的なつかみを、という段階はもう過ぎたのか、もしくははじめから無かったのか。とにかくキャラの負の部分ばかりが目立つここ数話であります。お話が面白いかどうか以前の問題として、見ててつらい。ここはひとつ、…

交響詩篇エウレカセブン 第18話

自分の祖父に似た頑固爺に親近感を覚えるレントンであったが。ああ。なんでここまで鬱々としてんだろか。エウレカから当初の輝きは失せ、憧れのホランドの説教(というか八つ当たり?)も耳に届かない。おじいさんとの絡みも、裏切られるという前提があったと…

交響詩篇エウレカセブン 第16話

えっとつまり、コーラリアン以降、レントン・エウレカ・アネモネは、何らかの作用で、意識下で繋がってしまえるようになった、てことなんでしょうか。今回で言えば、地下遺跡のトラパー濃度が原因で、とか。いや全くの憶測なんですが。そして不思議世界へゴ…

交響詩篇エウレカセブン 第15話

英雄サーストンの血を受け継ぐレントンの苦悩。あの権力誇示叔父はきついな。甥の反政府組織に所属しているという主張に瓦解する精神。最後に見せる、何もかも失ったかのような空虚な表情が寂しい。 ニルヴァーシュを自在に操ってみせるレントンに苛立つエウ…

交響詩篇エウレカセブン 第14話

総集編アンド解説編?こちとら、あれだけ引っ張った「コーラリアン」の事が知りたいっていうのに「語る語彙を持たない」ってなんじゃそりゃー!もったいぶってからに。月光号とかエウレカのこととか、そりゃあ知りたいけど。うがーストレス溜まる。かっちょ…

交響詩篇エウレカセブン 第13話

面白かった。ドミニクさんは前からちょっと気になってたキャラではあるのですが、偉そうな態度を保ちつつもレントンにさえ翻弄されるおっちょこちょいぶりはなかなかよいですね。レントンと同じく、好きな子の為に必死になれる、憎めないやつだ。でも敵だ。…

交響詩篇エウレカセブン 第12話

艦対艦が非常に熱いです。前回のジ・エンド戦といいこれといい、これくらいのかっちょいいアクションがもうちょい頻繁にあってもいいなあ。

交響詩篇エウレカセブン 第11話

すげえなんだこれ……。ロケットパンチもすごかったけど、アネモネ作画が異様に濃いぜ。物語の鍵を握ってそうな謎の新キャラ・アネモネの本格登場回という事もあって、彼女のいろんな面が大炸裂です。はぁ、こんだけ濃いキャラならこの濃い作画でなければね。…

交響詩篇エウレカセブン 第10話

謎の施設前でブルーなホランドとタルホ。もう少し背景が見えてこないとキャラに感情移入できない……。レントンも……、ああいや、無重力バンザイはわかるぞ。これは長い目で見守るしかあるまい。放送期間1年もあるんだから。それにしても、うーん。軍の頃のア…

交響詩篇エウレカセブン 第9話

エウレカから語られる、エウレカ及びゲッコウステイトメンバーの過去。軍の殲滅部隊の隊長だったホランドとその部下だったエウレカは子供たちとの出会いで軍を抜けた、みたいな話だったんだけど。あの経緯で、子供たちがエウレカを「ママ」と慕う(慕うことが…

交響詩篇エウレカセブン 第8話

前回のお話の尾を引いてか、視聴テンションがかなり低めのまま見てしまいました。そのせいか、今回のお話がメタメタに映る。まずレントン。ホランドのやり方に反感を覚えながら、後半は彼らの作戦に乗って「イヤッホー」ですよ。お前にプライドはないのか。…